ゆきりん27歳の生誕祭 Part2

11月9日にAKB48劇場で行われた高橋朱里チームB「シアターの女神」公演 柏木由紀生誕祭。

 

アンコール前まではPart1で。

 

 

ここではアンコールの「オネストマン」から。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゆきりん27歳の生誕祭

「オネストマン」

 

「チームB推し」

ちょっと可愛すぎじゃないですか☺️💕

 

集合写真の撮影。ポーズは「夢中にさせちゃうぞっ♡」。

 

ゆきりんの後ろで何やら相談していた久保怜音ちゃんと吉川七瀬ちゃんがゆきりんの頭に角(?)作ってました。

ゆきりんに気付かれてましたけどね(笑)

 

 

「僕たちの紙飛行機」

紙飛行機にキスするゆきりん😘

 

 

最後にチームBのチーム曲「新しいチャイム」を初披露♪

 

そして、ゆきりんの生誕祭へ。

 

「ちょっと待ったー!」と言った後「緊張した〜。何回練習したことか昨日の夜」と言うちより(笑)

しーちゃんがお休みだし、誰が仕切りをしてくれるのかな?と思っていましたが、今年の生誕祭の仕切りはちよりでした😊

 

ちより「7月15日に、なんと、27歳のお誕生日を迎えた柏木由紀さんの生誕祭でーす!ゆきりんさん、お誕生日おめでとーう!」

 

 

 

客席の皆さんが一斉に見せたうちわに「ねぇ、待って!(笑)」と言うゆきりんと笑うメンバー。

 

「ダメー!」って言うゆきりんが可愛い♡

うちわの片面は『西郷どん』で園が産気づくシーン、もう片面はゆきりんがメガネザルと呼ばれていた小学生の頃の写真だったようで、「早急にメガネの方持ってる人、下げて!(笑)」と言っていました(笑)

 

手紙を代読するちより。

 

手紙は、みぃちゃんからでした。

以下、手紙を書き起こします。

 

ゆきりん、いよいよ27歳!

27歳のお誕生日おめでとうございます。

ゆきりんの大好きなところはたくさんあるけど、一番は優しさ。その優しさに私は何度も助けられました。

落ち込んでいる時は、ネガティブな言葉を一切使わず、心に寄り添って話を聞いてくれるよね。

去年の総選挙。とある理由でスピーチが体感ではありますが、30秒になっちゃって、その悔しさをどこにぶつけたらいいかわからなった私を受け止めてくれたゆきりん。

ゆきりんの顔を見た瞬間、涙が出てきて、あの時、優しく抱きしめてくれたことは、ずっと忘れません。

どんな時も、自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先して行動するところ。本当に尊敬しているよ。いつもありがとう。

どちらかと言うと引っ込み思案で、皆の前ではあまり意見を言ったりすることがなかったゆきりんが、最近はコンサート前の円陣で自分が培ったアイドルの極意を皆に披露してる姿、カッコよくて好きです。13年目の私も後輩に混ざって、ふむふむと勉強させてもらってるよ。

綺麗な歌声。

クセは強いが魅力的なダンス。

変わらないスタイル。

優しさ。

ちょっと抜けてるところ。

もし、私が生まれ変わってAKBのファンになるとしたら、絶対ゆきりんを推したい。それぐらいゆきりんのファンの皆さんは、しあわせ者だなあと思います。羨ましい。

来世どんな形でも、また出逢いたいと思えるあなたに出逢えたことは、私の人生の幸せのひとつ。

まずは今世でこれからも目一杯仲良くして下さい。

あっ、この後、卒業発表とかしないで下さいね。

AKBのスーパー最年長。とにかく自分が楽しいと思える一年にしてね。

大好き。

 

峯岸みなみ

 

素敵な手紙で、聞いていて涙ぐんでしまいました。

ゆきりんは、総選挙のくだりでみぃちゃんだとわかったそうです。そもそも「ゆきりん」と呼ぶ人が少ないとも言っていました。

同期はみんな卒業して、先輩はみぃちゃんだけですからね。

 

みぃちゃんは、公演が始まる前にも「ゆきりん、聞きたいことがあります。卒業発表しませんよね?」とメールでも聞いてきたのだとか(笑)

 

これからの1年について

「今年が結構、色んな、まあAKBでもそうですけど、特に一人のお仕事で、それこそ大河ドラマに出させていただけたりとか、後は、次のドラマが決まったり、アジアツアーをソロで初めてやらせていただいたり、下着のモデルをしたりと、本当に色んなことをやらせていただいた1年だったなあと。そういう報告をする度に応援してくれるファンの皆さんが自分のことのように喜んでくれるのがすごく、こう…私がAKBにずっといたりとか、一人で色んなお仕事したいと思うのは、そういう風に皆さんが喜んでくれる顔が見たいっていうのが一番大きくて、自分ってこの仕事をしてるのかなって最近すごく思うようになりました」

 

「これからの1年は、AKBグループ最年長になりますけど、みんなと同じように、みんな後輩ですけど、同じラインに立って、色んな活動をみんなと楽しくしていけたらいいなと思っております」

 

応援してくれるファンの皆さんへ

ゆきりん「今年12回目の生誕祭だったんですよ」

ちより「わあ!すごい!えっ、1周回った!?」

ゆきりん「あっ、えっ!?1周!?」

ちより「干支を1周回ってるぐらいですよね」

ゆきりん「干支1周回っちゃったの。すごいよね。その度に本当にこうやってたくさん色んな嬉しいサプライズを用意してくれて、本当に嬉しいなと思います。そうですね、私はAKBに12年いて、ソロでも色々コンサートとかやったりするんですけど、色んなお仕事する中でやっぱりステージに立つのがすごい好きだなって、いつも言ってるんですけど、テレビとかで歌うよりもこうやってファンの皆さんの顔を見れるところで歌ったり、踊ったりするのがすごく好きだなって。ファンの方の中には地方だったり、海外まで足を運んで下さったり、来れなくてもSNSとかお手紙で応援して下さってる皆さんがすごく私の支えになっています。えー、これからも、こんだけ若い子やたくさん新しい子がいる中で、懲りずに私のことを甘やかしながら応援してくれる皆さんがいるからこそ、今の私が色んなことをプレッシャーに感じずに楽しく活動できてるんだなと思います」

 

「皆さんがこれからも応援していてよかったなと誇りに思えるようなアイドル…アイドルって自分で言うのも(笑)…誇りに思えるような人に、柏木由紀を応援してるってことが自慢できるような存在でいたいなと思いますので。皆さんにもっともっと良い報告もしたいなと思いますし…あ、今はないですよ。でも、辛抱強く、我慢強く待っていて欲しいなと思います。この1年もみなさんをたくさん笑顔にできるように一生懸命がんばりますので、これからも柏木由紀、そして、AKB48グループの応援をどうぞよろしくお願いします」

 

 

ゆきりんにたくさんの笑顔をもらった1年でした。

27歳(になってもうすぐ5ヶ月になりますが)の1年もゆきりんが笑顔でいてくれたら、応援しているファンの皆さんもきっと笑顔になれると思うので、頑張りすぎず、健康で、そして、みぃちゃんの手紙にもあったように、とにかくゆきりんが楽しいと思える1年になったらいいなと思います。

 

オンデマのコメント

コメントは、ゆきりん、ちより、そしてこの日、初日を迎えた佐藤朱ちゃん。

しかも、朱ちゃんはこの日、11月9日がお誕生日でした!ということで、ゆきりんとちよりがお誕生日をお祝い👏

 

まゆゆきりんのコメントに慣れているせいか、普通のコメントが短く感じてしまいました(笑)

 

 

来年、13回目のゆきりんの生誕祭を見ることができるのかな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
劇場公演
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク
寝ても覚めても