『西郷どん』明治編突入!第39回「父、西郷隆盛」にゆきりん演じる西郷園も登場

TV

10月21日放送の大河ドラマ『西郷どん』第39回「父、西郷隆盛」からいよいよ明治編がスタートしました。

 

前回の「傷だらけの維新」では、ゆきりん演じる園の夫・吉二郎が戦死。

吉二郎さぁ…おやっとさあでございもした 『西郷どん』第38回「傷だらけの維新」
10月14日放送の大河ドラマ『西郷どん』第38回「傷だらけの維新」は、ゆきりん演じる園にとって、そして、西郷家にとって辛く悲しい回になりました。 帰って来た吉之助を迎える西郷家の人々...

 


武村に居を移した新たな西郷家では、吉二郎と園の子供たちが仏壇の前で手を合わせていた。

 

そんな子供たちの姿を見て、切ない表情を見せる園。

スポンサーリンク

第39回「父、西郷隆盛」

しかし、それも束の間、「ああっ」という大きな声に驚き振り返る園。

 

「清さぁ!大丈夫け?」と声をかける園。

 

西郷家には信吾の妻・清が加わり大所帯になっていました。

清を演じるのは、鹿児島県出身の女優・上白石萌音さん。ゆきりんと同じ中学校の出身だとか。

 

子供も成長し、義妹も出来て、なんだか西郷家の嫁として貫禄が出てきた園。

明治編に入って、園の着物が綺麗になりました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

奄美大島からやって来た隆盛の息子・菊次郎を迎える西郷家の人々。

 

着替えた菊次郎を見て、園が「よかよか。ねえ?」と言うと、「うん。よかにせじゃ」と言う清。

「よかにせ」は、いい男、イケメンという意味。

 

菊次郎は、長男の席に座るように言われるのだけど、隆盛と糸の息子・寅太郎に譲る。

 

帰って来た信吾を見て「あん信吾がこげん立派になっちょっとは」と言う琴。

 

「政府では兵部権大丞ちゅうお役目を頂いたと」と言う清に「ひょうぶごん…何ですか?」と聞く園。「何だか私たちの知っちょ信吾さぁではなくなってしまったような気がしもす」と言う糸。

 

琴役の桜庭ななみさん、園役のゆきりん、清役の上白石萌音さんと鹿児島出身の女性が揃いましたが、西郷家での会話を聞いていると、3人の薩摩弁の細かなイントネーションはやはり自然だなと思います。

 

 

吉二郎は亡くなってしまいましたが、今後も西郷家のシーンがある時は、西郷家の一員として、今回のような感じで園の出演シーンがあるのかなと思います。

次回「波乱の新政府」の出演者にゆきりんの名前があります。

スポンサーリンク
TV
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ シェアする /
\ B推しをフォローする /
スポンサーリンク
スポンサーリンク
寝ても覚めても
タイトルとURLをコピーしました