ゆきりん演じる西郷園、『西郷どん』第33回「糸の誓い」西郷家のシーンに登場

ゆきりん演じる西郷園が昨夜放送の大河ドラマ『西郷どん』第33回「糸の誓い」に登場しました。

 

今回は、薩摩藩士が出演しないこともあって、オープニングのゆきりんのクレジットタイトルの表示順が繰り上がったので、これまでとは違うシーンで「柏木由紀」の名前が表示されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第33回「糸の誓い」

薩摩の家に西郷どんが帰ってくるのを待つ西郷家の人々。

 

「うちに嫁に来てもらってから、まだろくに話もできちょらんでなぁ」と糸を気遣う吉二郎(渡部豪太)。

 

「ほんのこてねえ」と言う園。

 

そこへ西郷どんがお龍と一緒に帰ってくる。

 

「女連れでお帰りとは…。見損なったど!」と言って、兄に飛びかかる吉二郎に驚く園。

この後、坂本龍馬の奥方だとわかって誤解は解けます(笑)

 

龍馬が寺田屋で襲われた時の様子を話すお龍(水川あさみ)。

 

話を聞く大久保正助の妻・満寿(美村里江)と糸(黒木華)の間に子供を抱いた園。

めっちゃすごい女優さんに挟まれてセンターに…!:(´◦ω◦`):笑

 

「ようご無事でございもした」と言う園。

 

顔を見合わせて頷く糸と園。

 

短筒で熊吉(塚地武雅)を撃つ真似をする龍馬。それに驚く熊吉と他の人々。

 

大人しくゆきりんにしがみついていた子役の子も大きな声に驚いた様子でしたが、子供を気にしてあげているゆきりんがお母さんでした(*´ω`*)

 

「あ〜っ、やっぱい京の女子は違うのう。酌をされた安酒がまた甘露、甘露」と笑う雪篷(石橋蓮司)。

 

「安酒ち!」

 

「居候のくせに」

 

「ようそげんこつ言えもすね」と園が雪篷にチクリと言うと、「じゃ」と同意する吉二郎。

 

B推し
B推し

ゆきりんのセリフを言う時の表情がよかった!

 

その後、顔を見合わせて笑う吉二郎と園。

こういうちょっとしたシーンの吉二郎と園の仲睦まじさが微笑ましい(*´ω`*)

 

居候のくせに、などと言いながらも雪篷に酒を出す園。

その間、糸が子供を抱いていました。

 

「さっ、来たよ。はい、どうぞ」と言って、園に子供を渡す糸。

子役の子、目がぱっちりしてて可愛い♡

 

私は、映画『舟を編む』で観て以来、黒木華さんが好きなのですが、まさかゆきりんが大河ドラマで黒木さんと共演することになるとは思いもしなかったので、ちょっとした絡みがある度に思わず「おおっ!」となってしまいます。

 

大砲の音に「戦じゃ!」と驚く熊吉に「こいは戦じゃなか!こいは礼砲じゃ」と教える雪篷。

 

「兄さぁがエゲレスの船に捕まったち、町で大騒ぎになっちょっ」と言う琴の言葉に驚く西郷家の人々。

 

無事に帰って来た西郷どんを迎える西郷家の人々。

「お帰りやったもんせ」と言う園。

 

秋になり京へ行く西郷どんを見送る西郷家の人々。

 

見送る熊吉と園。

 

ということで、第33回は西郷家のシーンが多かったこともあり、私の予想以上に園の出演シーンが多く、セリフもあったのでより一層楽しめました。

次回の第34回は「将軍慶喜」。どうやら京でのシーンがメインの回になりそうなので、園の出番は無さそうな感じでしょうか?

 

 

西郷どんのインスタにちらっと園りん。

ツイッターばかりチェックしていて、公式インスタグラムがあるのをすっかり忘れていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TV
フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク
寝ても覚めても