ゆきりんは「口移しのチョコレート」ではなく「片思いの対角線」を歌う予定だった!?

ゆきりん

昨夜はラジオ『アッパレやってまーす!』に生出演したゆきりん。

生放送前にインスタストーリーに動画をアップ。

 

 

自販機が調整中でゆきりんお気に入りの紅茶花伝クラフトティー贅沢しぼりピーチティーが買えなかったんですね😂

 

そういえば、アッパレ前によくピーチティーを飲んでいるけど自販機があったんですね。

 

次の生放送の時には買えるといいですね😌🍑

スポンサーリンク

ゆきりんは「口移しのチョコレート」じゃなくて「片思いの対角線」を歌うはずだった

昨夜の『アッパレやってまーす!』で『鬼滅の刃』が最終回を迎えたという話題からゆきりんがツイッターでバズっているあの話をしました。

それは、一般の方のツイートで『鬼滅の刃』の作者が女性だからなんだ、この歌詞書いたのこのおっさんだぞというような内容で、その「この歌詞」というのが「口移しのチョコレート」の歌詞で「このおっさん」というのが秋元康さん。

確かにあの歌詞を秋元さんが書いたと思うと…でも、それを言ったら他の曲もそうですけどねw

 

「口移しのチョコレート」はAKB48 チームB「アイドルの夜明け」公演のユニット曲でゆきりんセンターの楽曲。

ゆきりんの代表曲のひとつと言ってもいい曲です。

 

 

 

…が、実は、ゆきりんは当初「口移しのチョコレート」ではなく、「片思いの対角線」を歌う予定だったのだそうです。

 

『AKB48グループ新聞』2017年10月号に掲載されたまゆゆ・ゆきりん・さっしーの対談より。

 

———柏木さんは「口移しのチョコレート」で大人っぽい曲に初挑戦しました

柏木 嫌だなあって思ってた。

指原 え?いい歌なのに?

渡辺 その割に…めっちゃやってたじゃん。

一同 (笑い)

渡辺 まだ高校生?

柏木 そう。それまでセクシー系とかまったくやってなかったから。「てもでもの涙」をやってて、あのイメージがついて…。

指原 はかない感じね。

渡辺 急にセクシーなの来たね。

柏木 でも本当は私、「片思いの対角線」をやる予定だった。

指原 え?そうなの?

『AKB48グループ新聞』2017年10月号

 

ここで話題が変わるので、なぜ「片思いの対角線」をやる予定だったのが「口移しのチョコレート」になったのか詳しいことはわからないまま。

「片思いの対角線」のセンターは仁藤萌乃ちゃんでした。私は「アイドルの夜明け」公演のユニット曲の中ではこの「片思いの対角線」も好きなので、もしゆきりんが歌っていたらどうだったかなと考えたりしましたが、今となっては「口移しのチョコレート」はゆきりんの代表曲ですし、ゆきりんが「口移しのチョコレート」でよかったと思います😌

 

ケンコバさんも「口移しのチョコレート」がお気に入りのようで、ゆきりんの話を聞いて「来たね!機が熟したな、それ!今こそチョ〜コ〜レ〜!今こそ!」と言っていました(笑)

ケンコバさんが「なんかで歌えたらな。こんな時期じゃなかったら」と言うと、ゆきりんが「歌いたかった!本当に」と言っていました。すると、アンガールズ田中さんが「YouTubeで歌え、YouTubeで」と言い、山根さんも「YouTubeでやろうよ」と言っていたので、もしかしたらYouTubeである…かも!?

 

ゆきりんがアッパレの前にnoteを更新。

 

 

インスタストーリーでもnote更新のお知らせ。

 

ゆきりんが今、どんなことを考えているのか、どういう考えで仕事をしているのか、それを書いた文章を読めるのが嬉しくてありがたい☺️

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆきりん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
B推しをフォローする
寝ても覚めても
タイトルとURLをコピーしました