『OTOSEN』第4回 大家志津香ちゃんの大好きなアーティスト杉本ラララさんを紹介

TV

ふかわりょうさんとゆきりんがMCを務めるBSフジの音楽ドキュメンタリー番組『OTOSEN』のレギュラー放送第2回目が10月14日に放送されました。

 

1時間スペシャルを含む過去3回の放送のゆきりんの衣装も素敵でしたが、今回は明るめの衣装でこれまた素敵(*´ω`*)

スポンサーリンク

ふかわさんとゆきりんのオープニングトークが面白い

まずはMCの自己紹介。

 

オープニングトークで、ふかわさんから「柏木さん、あのー、ご飯ちゃんと食べてます?」と聞かれて、「ご飯ですか?」と返すゆきりん。

 

「あなた、なんか朝かき氷しか食べてないんでしょう?」と言うふかわさん。

 

「なんで知ってるんですか?(笑)」と笑うゆきりん。

 

かわいい(*´ω`*)

 

「いや、もうね、おじさん心配で心配で。ちゃんと栄養とれてる?」と聞くふかわさんに「とれてますよ。たまーに朝ごはんでかき氷」と答えるゆきりん。

 

「共演するようになってから四六時中あなたのこと心配してますから本当に」と言うふかわさんに「あはははは(笑)。すみません、ありがとうございます」と言うゆきりん。

 

「大丈夫なのね?」と聞くふかわさん。

 

朝ごはんにかき氷って、『人生最高レストラン』の予告で流れて、ネットニュースにもなったけど、結局、放送では使われなかったんですよね。

ゆきりん、『人生最高レストラン』で絶品かき氷ベスト3を発表!まゆゆきりんエピソードも
ゆきりんが、昨夜放送のTBS『人生最高レストラン』に出演、夏真っ盛りの8月の特別企画「夏だ!かき氷祭り」で大好きなかき氷について語りました。 AKB一のかき氷フリークと紹介される...

OTOSENフェスのフラグ!?

「以前出演された方がフェスとかで活躍されているみたいですね」と言うふかわさん。

 

「そうなんですよ。第1回目のスペシャルの1番最初に紹介したキラキラシャミセニスト川嶋志乃舞さん、いらっしゃいましたよね」

 

「彼女が夏から秋にかけてたくさんの音楽フェスに出演しているそうで」と説明するゆきりん。

 

「これはもうOTOSENフェスのフラグが立ったと捉えてよろしいですか?」と言うふかわさん。

「重慶でやりましょう、重慶で」と言うと、「重慶!?」と言うゆきりん。

 

第2回の放送でゆきりんが重慶でソロライブをすると知って、「お客さん来るの?」と心配していたふかわさん。

『OTOSEN』第2回 ゲストにEvery Little Thing持田香織さん、ホフディラン小宮山雄飛さん
ゆきりんが、ふかわりょうさんと一緒にMCを務めるBSフジの音楽ドキュメンタリー番組『OTOSEN』。 その第2回が9月30日に放送されました。 『OTOSEN』出演...

 

ふかわさんが「あなた、重慶ゆかりの地」と言うと「1回ライブしただけです(笑)」と言うゆきりん。

ちなみに、この収録の時はまだ重慶でライブを行なっていません(笑)

自分の間口を広げるのには色んなことを経験した方がいい

今回のゲストコメンテーターは、SHOW-YAの寺田恵子さんとホフディランの小宮山雄飛さん。そして、レギュラーコメンテーターのグ・スーヨンさん。

寺田さんは今回が初登場。

 

前回出演時に続いて、また膝が見えるズボンを穿いている小宮山さんをイジるふかわさん(笑)

 

歌手と俳優をしている岸洋佑さんのVTRが終わって、「役者業と音楽とっていう、ある種、人から見たら、その、二足のわらじに見えるかもしれませんが」と言って、寺田さんに話を振るふかわさん。

 

「いや、やった方がいいよ。役者だろうが何だろうがやった方がいいと思うよね。自分達が、例えば二十代の頃のロックミュージシャンってなってくると、なんかね、役者をやったりとか、何かをやったり、音楽以外の違うことをやったりとか、ロックじゃないジャンルの人と一緒に仕事をすると、『あいつはロックじゃないものに魂を売った』とかって言われてた時代だから。アホか、みたいな。自分の間口を広げるのには色んなことを経験した方が、私はいいと思ってるから」とコメントする寺田さん。

 

寺田さんの言葉は、もしかしたら、今まさに『西郷どん』で演技をしているゆきりんにも何かしら響くところがあったんじゃないかなと思いました。

『OTOSEN』のコメンテーターのみなさんのコメントには毎回色んなことを考えさせられます。

 

寺田さんは、作詞について「自分が書くと、結構綺麗事を書いたりとか、詞の世界はしてたんだけど、それを止めて、日記を1回作詞家に全部預けて、作詞家にこの日記の中で曲に合うやつを選んで書いてって」とご自身の経験を話していました。

日記を他人に見せるのって、なかなか出来ないですよね。

 

寺田さんの深い話を聞いた後、「非常にいいお話をいただいて。ホフディランに関してはちょっと割愛させていただいて」と言うふかわさん(笑)

「もうずーっとね、22年間を思い返して、どこのエピソードを話そうかなと」と言う小宮山さん。

本当に割愛されました(笑)

 

2組目のアーティストは、杉本ラララさん。

 

杉本さんは、家賃2万6千円の4畳半のアパートに住んでいるということで、部屋の映像が流れたのですが、個人的に読書好きなので、部屋に積まれた文庫本が気になりました(笑)

 

杉本ラララさんが以前組んでいた3ピースバンドおつかれーずについて、ゆきりんが「AKBのメンバーの大家志津香ちゃんって子が、元々の3人の時のおつかれーずを路上で普通に見かけて、すっごい大ファンなんですよ」と言うと、「そういうのすごい大きいですよね」と言うふかわさん。

さらに、ゆきりんが「そうですよね。で、AKBの楽屋とかで曲流したりしたので、AKBは結構おつかれーず、私、知ってました。結構メンバーは知ってます」と言うと、小宮山さんが「観に行ってたんですか?」と聞いて、ゆきりんが「私は行ってないんですけど」と答えました。

 

ふかわさんが「AKB内での認知度は非常に高かった?」と聞くと、ゆきりんが「はい。おつかれーずって、みんな知ってる」と答えました。

すると、「やめなきゃよかったのかな〜」って言うふかわさん(笑)

 

実は、『OTOSEN』放送前にしーちゃんが、こんなツイートをしていました。

 

 

過去には、こんなツイートも。

 

 

 

エンディング。

 

杉本ラララさんがグ・スーヨンさんと同郷で、高校の後輩だということがわかったので、グさんが「ラララくん、あの、同窓会に来よう」とおっしゃってました(笑)

 

いやあ、『OTOSEN』面白いです。元々ドキュメンタリー番組を観るのが結構好きなので、VTRも興味深く観れますし、コメンテーターのみなさんのコメントもなるほどと思えるものが多いので。そして、何よりゆきりんが可愛い(笑)

ふかわさんとのやり取りもだんだん面白くなってきたので、今後がますます楽しみです♪

 

番組ホームページに次回の放送予定。

 

2018年10月21日(日) 24:30~25:00
毎週(日) 24:30~25:00

 

「素敵な音楽には素敵な人生がある」。そんなアーティスト像を密着取材で御紹介していくニュータイプの音楽プログラム「OTOSEN」。今回お届けするのは紆余曲折の人生を経て生み出される深い深い音楽。そしてそれを歌い続ける2組の女性アーティスト。
1組目は、「なかの綾」。京都出身、今は横浜を中心に活動をするシンガー。ルーツにあるリズム&ブルーズと歌謡曲をミックスした独特の音世界。様々な人生経験を経て更なる進化を遂げる「なかの綾」を紹介する。
2組目は「dorlis」。17歳で始めたストリートライブ。ギターケースとリュックサックでのヒッチハイク。メジャーデビューを果たしつつもその先にある「自分が光り輝く場所」を今もインデイーズシーンで探し歌い続ける「dorlis」に密着する。

 

出演者・スタッフ
<出演者>
■MC
ふかわりょう/柏木由紀(AKB48/NGT48)
■コメンテーター
グ スーヨン
寺田恵子
小宮山雄飛

『OTOSEN』 BSフジ

 

紹介するアーティストは、なかの綾さんとdorlis。

コメンテーターは、引き続きグ・スーヨンさん、寺田恵子さん、小宮山雄飛さん。

スポンサーリンク
TV
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ シェアする /
\ B推しをフォローする /
スポンサーリンク
スポンサーリンク
寝ても覚めても
タイトルとURLをコピーしました