まゆゆきりんのお互いの第一印象は?

インタビューなど様々な機会に質問されて、何度も答えているので、ファンはその答えを暗記してしまっているのではないかと思うのですが、改めて、まゆゆきりんのお互いの第一印象について。

 

雑誌のインタビューなどもありますが、まゆゆきりんが二人きりでリラックスして話していた2016年6月14日のまゆゆきりんSHOWROOMから。

 

まゆゆ「基礎レッスンみたいな…そこで…私は、もうびっくりした!」
ゆきりん「びっくりしたって何?(笑)」
まゆゆ「だって、なんか、第一印象は、ゆきりん、なんかすごいお嬢様。おしとやかで、なんか清楚で、なんか儚いっていうか、なんかすごい、えっ!こんなかわいい子がいるんだと思って。本当に。だから、私がすごい思ったのは、その、こんなかわいい子が、クラスにいたら、クラスメイトの男の子とか席替えで隣にこんなかわいい子きたら、その男子はもう大変なことになっちゃう、興奮して、と思って」

 

まゆゆ「当時からすごい優しくて。すごい、もう、なんかねぇ…ここまで仲良くなれると思わなかったし。すごい完璧で、すごい人、柏木由紀ちゃんって思ってた」
ゆきりん「ずっと私のこと『柏木由紀ちゃん』って呼んでたよね(笑)」
まゆゆ「そうだよ」

 

ゆきりん「フルネームで呼んでた。めっちゃかわいい。すごい好き。ほんとに好きだったよ」
まゆゆ「過去形!(笑)」
ゆきりん「昔から(笑)。昔から好きだったよ」

 

まゆゆ「なんで?いつから私のこと知ってた?」
ゆきりん「オーディション」
まゆゆ「ふーん」
ゆきりん「最終オーディションでめっちゃかわいい子いるなと思ったら、麻友だった」
まゆゆ「へぇ」

 

まるでカップルの会話(笑)

「ふーん」、「へぇ」って言ってるまゆゆが嬉しそうなのがかわいい(*´ω`*)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なぜか、男の子目線で

『まゆゆきりん「往復書簡」~一文字、一文字に想いを込めて~』でもお互いの第一印象について書いています。

『まゆゆきりん「往復書簡」~一文字、一文字に想いを込めて~』
2017年12月27日(一部ネット書店では12月23日)に双葉社から発売された『まゆゆきりん「往復書簡」~一文字、一文字に想いを込めて~』。 この本では、まゆゆきりんが、2人が出会うよりも前、A...

 

まゆゆの手紙から。

 

わたしは子どもグループで、ゆきりんはお姉さんグループ。

いたよね……っていう記憶はあるんだけど、話をしたのはその後、3期生、最初のレッスンのときでした。

お昼の時間にお弁当が出てきて。

何種類かあって、どれにしよーかなぁって悩んでいるわたしに、

「どれにする?」

って声をかけてくれて。

“うおっ、なんて、かわいいんだ!”

まじまじと魅入ってしまいました。

それほど、あのときのゆきりんはわたしの目にキラキラ輝いて映っていました。

わたしがいままで住んでいた世界の女の子とはまるで違っていて、別の世界から、“こんにちは”ってやって来たような、そんな感じ。

もしも、自分が男の子で、ゆきりんが同じクラスの女の子で、席替えがあって自分のとなりにくることになったら、ちょっと、やばいだろうな。

なぜか、男の子目線でそんなことを考えてた。

それくらい、かわいくて、可憐で、儚くて……。

ゆきりんは、覚えていますか?あのときの会話を……。

『まゆゆきりん「往復書簡」~一文字、一文字に想いを込めて~』

 

なぜか、男の子目線でそんなことを考えてた。

 

まゆゆきりん

「まゆゆきりんの10年」音井れこ丸 『漫画アクション』2017年6月6日号

3期生10周年の企画で、『漫画アクション』でAKB48について全く知らない音井れこ丸先生がまゆゆきりんの10年をマンガ化したのですが、そこで音井先生も「なぜ男目線!?」とつっこんでいました(笑)

 

2017年12月13日の『AKB48のオールナイトニッポン』でも、まゆゆがゆきりんの第一印象について話しました。

 

まゆゆ「最初に会話をしたのは、レッスンの最初の1日目で、なんか『お弁当どれがいい?』みたいな、子ども達?子どもグループに聞きに来てくれて」
さっしー「優しい」
ゆきりん「覚えてないの私」

 

まゆゆ「で、すごいなんかかわいいなって思ってたけど、話しかけられて、すごいやっぱかわいいし、優しいし」
さっしー「へー、べた褒め」
ゆきりん「ね」

 

まゆゆが話すのを照れ臭そうに聞いていたゆきりん。

 

まゆゆきりんは、第一印象から両想いだったんですね(*´ω`*)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まゆゆきりん
フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク
寝ても覚めても