まゆゆ主演ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第3話「救われぬ魂・・・約束の抱擁」観ました

まゆゆ主演ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第3話「救われぬ魂・・・約束の抱擁」を今回もFODの見逃し配信で観ました。

果たして、今回こそまゆゆ演じるひかりの笑顔は見られるのでしょうか。

 


アパートに帰ったひかりが目にしたのは、壊れた恐竜のおもちゃを直す母(斉藤由貴)の姿。

ひかりの兄・國彦が恐竜が大好きだったから、ゴミ置場から拾ってきたのだと話す母の手からおもちゃを奪い取ってゴミ箱に投げ捨て、「こんなもん拾ってくるなんて、どうかしてるよ」と吐き捨てるように言うひかり。

 


暗い部屋で一人ひかりが見ているのは、和也がひかりの母親に書いた手紙だった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第3話「救われぬ魂・・・約束の抱擁」

行方を消した國彦のことが気になって舞台の稽古中も上の空のひかり。

 

芽衣(宮澤エマ)から「命がけで舞台に立つ気がないなら今すぐ辞めて」と言われてしまう。

 

劇団の主宰者・天竺(吹越満)は、「この期に及んで何ビビってんだ。ほら、その顔が硬い。ハシビロコウも真っ青だよ」と言って、ひかりにスマホの画面を見せる(笑)

 

ハシビロコウを見せられたひかりの表情(笑)

「ノリ悪いな〜」と言う天竺。天竺のキャラ、ちょっと変わった?

 

天竺は、若い頃、外国で銃を突きつけられたことがあるという話をした後、ひかりに「人生は、待ったなしだ。ビビってる暇があったら、突き進め。命を燃やし尽くせ。今、俺に撃たれても笑って死ねるようにな」と言って、その場を去った。

 

何かを決心した様子のひかり。

 

警察が来て、國彦が出所したことを知った母から「どうして何も話してくれなかったの?」と言われ、「もう家族じゃないから!」と言うひかり。

 

「もっと早くちゃんと言うべきだった。お兄ちゃんが戻って来て、また昔みたいに幸せに暮らすなんて…そんな夢みたいなことありえないの。一度壊れたものは、二度と元通りにはならないんだよ。だから、お母さんも現実を見て。私は、もうお兄ちゃんのことは忘れる。忘れて、神様が与えてくれたチャンスを掴むから」と母に話すひかり。

 

天竺の話を聞いて、ジュリエットを演じる決意を新たにしたんですね。

 

稽古に打ち込むひかり。

 

しかし、ひかりの留守にアパートに和也の恋人・沙耶(筧美和子)がやって来て、ひかりの友人だと偽り、ひかりや和也のこと、さらには15年前の事件のことをひかりの母から聞き出していた:;(∩´﹏`∩);:

 

ひかりの母から和也は子供の頃、チーズ入りオムライスが大好きだったと聞いた沙耶は、レストランでチーズ入りオムライスを注文して和也に「一緒に食べよう」と言う。

ひかりや國彦、ひかりの母と過ごした幸せな記憶が頭をよぎり「今日、まかないいっぱい食べちゃって、腹いっぱいなんだ」と言ってオムライスを食べない和也に「そう…残念。一緒に食べたかったのに」と言い、カチャカチャと皿の音を立てながら大口でオムライスを食べ始める沙耶。

これが、戦慄のオムライス…!:(´◦ω◦`):

 

お風呂上がりのひかりは、母から友達が来たと言われ、「友達?私の?友達なんていないけど…」と言う。

ひかり、友達いないのか(´;ω;`)

 

その友達が忘れて行ったというハンカチを見つめるひかり。

 

翌日、稽古場で天竺から「これ、本当か?」と見せられたスマホの画面には、「北園ひかりは15年前に劇団ウミヘビの矢吹麻美さんを殺した犯人・森村國彦の妹です」という劇団ウミヘビの掲示板への書き込みがあった。

 

「本当です」と書き込みの内容を認めたひかりに「なるほど。人生は驚きと発見に満ちている。by 俺(笑)」と言う天竺。

やっぱり天竺のキャラ3話から変わった?(笑)

 

「嵐というのは、いつか過ぎ去るもんだ」と言う天竺に、ひかりは、「でも、爪痕は残るんです。消えることなく」と返す。

 

掲示板への書き込みは沙耶の仕業だと気付いた和也は、ひかりに謝る。

「きっと、出会っちゃいけなかったんだね私たち。たぶん、この世にはあるんだよ。幸せじゃなくて、悲しみを与えあっちゃう、そういう運命の出会いってやつが。彼女とお幸せに」と言ってひかりが和也の前から去ろうとした時、「和ちゃん」と和也を呼ぶひかりの母の声が。

 

國彦のことを忘れると言ったひかりに母は、「家族を信じられないなんて…どうかしてんのはね、ひかりの方よ!」と言い放つ。

 

「行こう和ちゃん」と、なぜか和也の手を取って走り去るひかりの母と、連れて行かれる和也(笑)

 

キャバクラでキャバ嬢と掴み合いの喧嘩をするひかり。

 

警察で喧嘩について事情聴取をされ、刑事が出て行った後、ひかりが口ずさむのは、和也との思い出のあの歌。

 

ひかりが退団届を出したと知った和也は、ひかりにジュリエットをやらせて欲しいと土下座をする。

 

 

ひかりの元に退団届を手にした和也がやって来る。

 

「また余計なことを」と言うひかりを抱きしめる和也。

 

「俺は違うと思う。出会っちゃいけなかったなんて、そんなことない。出会わなきゃいけないから、俺たちは出会ったんだよ」と言う和也。

 

 

さらに「これ以上自分を誤魔化せない。もう、ひかりを一人にはしない」と言う和也。

 

抱き合う二人(*´ω`*)

 

そこに雨が。

 

15年前の記憶がぼんやりしていて、時々すごく不安になる、「大事な何かを忘れているような…」と話す和也。

 

次回に続く…!

 

結局、今回もひかりの笑顔を見ることは出来ませんでした。

ひかりのシーンだけを振り返っていますが、和也の兄(と言っても義母の連れ子で血の繋がりはない)の幸一郎が殺された麻美のストーカーだったことがわかったり、和也の父もやはり15年前の事件のことを何か知っていそうだったり、麻美の姉が登場したり色々と動いています。

さらに筧美和子ちゃん演じる沙耶がまた何かを企んでいる様子:;(∩´﹏`∩);:

沙耶の猛烈な嫉妬がドロドロした昼ドラ感を出していて、15年前の事件の真相を追うミステリーとはまた別の部分で面白いかも。

まゆゆとも筧美和子ちゃんとも親しいゆきりんが、もしこのドラマを観ているのだとしたら、一体どんな気持ちで観ているのか、ちょっと気になりました(笑)

 

次回予告より。

目を閉じたまゆゆの顔がなんだか幼く見える(*´ω`*)

 

私は、キスする直前で沙耶に邪魔されると予想しておきます。

 

 

オトナの土ドラ公式アカウントの振り返り手描きイラストが面白い。

第3話のFOD無料配信期間は、2018年08月25日22時44分まで。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まゆゆ
フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク
寝ても覚めても