『この恋はツミなのか!?』第2話「最初の一手」観ました

ゆきりん&伊藤健太郎さんW主演ドラマ『この恋はツミなのか!?』第2話の見逃し配信がスタートしました。

 

 

放送のない地域なので見逃し配信ありがたや!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第2話「最初の一手」

第2話のタイトルは「最初の一手」。

 

多恵と友達になれたことを思い出している大河。

 

歯磨きしながらにやける大河。

 

多恵に「おはようございます」とメッセージを送信しようとするけど、出来ない大河。

 

大河は、同期の田崎に相談して多恵を食事に誘うメッセージを考えるが、「かてぇーよ!だせぇーよ!なげぇーよ!はい削除♡」と削除されたところで多恵から電話がきて、昨日のお礼にと食事に誘われる。

 

大河は多恵と二人きりだと思っていたようだが、早苗が来ていた。

 

早苗が多恵を「私の自慢の先輩だぞ」と言うのを聞いた大河。多恵が32歳だと知って驚く。

 

遅れてやって来た多恵に「ねぇねぇ、こいつ今、多恵ちゃんの歳聞いてがっかりしてたよ」と言う早苗。

 

大河が24歳だと聞いて「若っ!」と驚く多恵と早苗。

 

師匠との約束を思い出した早苗が帰って、二人きりになる多恵と大河。

 

店のこだわりのお肉を使った料理に「確かに素材は素晴らしいです。でも、逆に見ると…」と言い出す大河に「逆に見ると?」と聞き返す多恵。

 

大河が「逆に見ると、この料理少々凝りすぎているように思います。素材はもっとシンプルに活かして…」と語り出すが、多恵は上の空。

 

多恵の様子に気付いて「すみません…僕、また余計なことを」と謝る大河。

 

すると、突然手を叩いて「詰みました!」と言う多恵。

 

鞄の中にある何かを探す多恵。

 

多恵の谷間が見えた大河の表情(笑)

第1話でもそうでしたが、谷間やイチゴのパンツが見えた時の大河のコミカルな表情やリアクションがおもしろ可愛くて、お色気シーンがいやらしい感じにならないのがゆきりん推しとしては助かります☺️

 

多恵が鞄から取り出したのは詰将棋の本。

 

「将棋ですか」と言う大河に「あれ?言ってませんでしたっけ?私も早苗と一緒で将棋指しなんです」と言う多恵。

 

確かに第1話では言ってませんでした。

 

多恵が表紙の将棋雑誌を見る大河。

 

「すげぇ…有名人じゃん」とつぶやく大河。

 

握手会をする多恵。

 

キャップにサングラスと黒いマスクといういかにも怪しげな男に「もう!沖田くん!バレバレだよ」と言う多恵。

 

「いいじゃないですか。駒田先輩のファンなんですから」と言う後輩棋士・沖田健(阿部周平)。

 

「何言ってんのよ!もう!」って言う多恵さん可愛い☺️💕

 

握手会の帰りに偶然大河に会う多恵。

 

多恵の雑誌を読みながら歩いていた大河は驚く。

 

「今日はお着物なんですね。なんかあったんですか?」と聞く大河に「理由がないと着ちゃダメですか?」って首をかしげる多恵。

こ、これはズルい!多恵さん本当に天然なの!?:(´◦ω◦`):

 

お気に入りの草履の鼻緒が切れてしまった多恵に「あのー、そのー、鼻緒が切れることって、本来縁起が悪いってされてるんですけど、でも、あの、厄が落ちるっていう解釈もあって、だから…」と一生懸命話す大河を見つめる多恵の表情が優しくて素敵✨

 

多恵から荷物を受け取ると、しゃがんで背を向け「どうぞ、乗って下さい」と言う大河。

「えっ!? いや、でも、あのー、向こうでタクシー拾いますから」と断る多恵に「あっ、じゃあ、あっちまで」と言う大河。

LINEでおはようの挨拶も送れなかったのにおんぶは出来るのね(笑)

 

「あの、あっちまで、あの…どぉぅぞー!」と言う大河に「はっ!?」ってなる多恵😂

 

「ねえ、小日向さん、やっぱいいですよ。重いでしょ?」と聞く多恵に「いやいや!全然大丈夫です」と答える大河。

ですよね。ゆきりん、いや、多恵さんが重いはずないですよね。

 

「や、やばい!胸が…背中が…胸に…背中に」という大河の心の声(笑)

 

「無だ!無になるんだ!」って、ここまでは心の声なのに、「無〜無〜」って声に出しながら歩道橋を上る大河😂😂😂

 

多恵にお礼を言われてもまだ無の状態の大河(笑)

 

「小日向さんにはいつも助けてもらってる気がするので、何かちゃんとお礼がしたいのですが」と言う多恵。

 

「いや、いやいや、そんな、だって、我々は友達ではありませんか」と言う大河(笑)

しかし、「ダメです。借りはちゃんと返さないと」と言う多恵は、大河に「だから、してほしいこと何でも言って下さい」と言う。

 

「な、な、何でもですか?」と聞く大河に「はい♪」と言う多恵。

 

「何でもです」と言ってにっこり笑う多恵。

やっぱり多恵さんズルい…!:(´◦ω◦`):

 

「な、なんでも…」とつぶやく大河(笑)

 

家に帰ってからも多恵の「してほしいこと何でも言って下さい」が頭から離れない大河(笑)

 

大河は、自分の会社の将棋部に多恵が指導に来ていることを知る。

 

将棋部を覗きに行った大河は多恵を見つける。

 

「小日向さん、こちらにお勤めだったんですね」と言う多恵。

 

「まさか付き合ってる?」と聞く結城に「違いますよ!ただのお友達です」と言う多恵。

 

「将棋お好きだったんですね」と嬉しそうな多恵。

 

大河は結城と将棋を指すことになってしまう。

 

二人の対局を見つめる多恵。

 

大河が将棋を指したことがないのがバレてしまう。

 

あの、それにしても多恵さん美人すぎじゃないですか?🤤

 

会社の前で大河を待っていた多恵。

 

 

「あの、なんかすみませんでした。駒田さんにも恥ずかしい思いをさせてしまって」と謝る大河。

 

「何言ってるんですか!申し訳ないのは私の方です。何も知らないのに小日向さん将棋好きなんだって、つい嬉しくなって、勝手に思い込んでしまいました。本当にごめんなさい」と謝る多恵。

 

「これで将棋を嫌いにならないで下さいね」と言う多恵。

 

そこへ突然やって来て、多恵を「たえぽん」と呼んで話しかけ、「これはたえぽんの好きなあんみつです」と言って手渡して去って行く多恵の熱烈なファン・坂田(カトウシンスケ)。

こわっ!:;(∩´﹏`∩);:

 

しかし、ただファンにプレゼントをもらっただけと思っているのか、「こんな人と友達だってことすら奇跡だよな」と心の中で思う大河。

いや、明らかに普通のファンじゃなかったでしょ😂

 

「あの、駒田さん」と言う大河の声に振り向く多恵✨

 

「この前、何かお礼をしてくれるって言って下さいましたよね」と聞く大河。

 

「僕、決めました。僕に…」と言う大河。

だから、多恵さん首かしげるのズルいから☺️

 

「将棋を教えて下さい」と言う大河。

 

 

多恵が驚いた後、微笑んだところで第2話はおしまい。

 

恋ツミ面白い!しかもゆきりん可愛いし、綺麗だしで30分あっという間٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

次回予告。

 

多恵が結城主任に頭ポンポンされてるううう!

 

 

恋ツミ第2話のTVer見逃し配信は「12月19日(水) 01:59 配信終了」です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TV
フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク
寝ても覚めても