ゆきりんが選んだ『bayfm MEETS AKB48 14th STAGE』で歌う候補曲は?

ゆきりん

ゆきりんがゲスト出演したbayfmのラジオ「注目『bayfm MEETS AKB48 14th STAGE~HOME~』プレスぺ!」が昨夜放送されました。

番組DJはAKB48のOGで2期生の野呂佳代さん。

 

野呂さん「ゆきりんと2人で話すなんて初めてじゃない?」

ゆきりん「初めてですよね」

野呂さん「ちょっと私嬉しいもん」

ゆきりん「私めっちゃ緊張してます」

野呂さん「なんで緊張すんのよ!」

ゆきりん「なんか久しぶりに先輩としゃべる(笑)」

野呂さん「ちょっと待って下さい、ちょっと待って下さい。私を先輩という意識がおありなんですか?」

ゆきりん「ありますよ(笑)!みんなありますよ」

野呂さん「うわぁ嬉しいな」

ゆきりん「緊張します」

野呂さん「ゆきりん、それはね、ほんと涙が出るほど嬉しいよ私は」

ゆきりん「緊張します本当に。でも嬉しいです」

 

番組は明るく楽しい雰囲気で始まりました。

ゆきりんと野呂さんが2人で話すのは初めてだったのですね😌

スポンサーリンク

ゆきりんが選んだ『bayfm MEETS AKB48 14th STAGE』でパフォーマンスする候補曲3曲は?

これまでに週替わりでゲスト出演したAKB48のメンバー、加藤玲奈ちゃん、武藤十夢ちゃんもそれぞれに『bayfm MEETS AKB48 14th STAGE~HOME~』でパフォーマンスしたらいいなと思う候補曲を3曲選んで発表していたようで、ゆきりんが選んだ候補曲3曲も発表しました。

 

ゆきりんがセレクトした3曲とその理由(一部)について。

 

1.「初日」AKB48 チームB

ゆきりん「とにかく思い入れのある曲で、私の、3期生、チームBで初めてオリジナルでいただいた曲で、公演も『パジャマドライブ』という公演の中の曲で。その中でも最初にもらったのがこの曲だったんです『初日』。で、歌詞見ながらみんなで『わっ、私たちのことだ!』みたいな感じですごい喜んで。そこからファンの方の投票で楽曲の人気を決めるっていうライブでも1位をいただいたのがこの曲なので。もうとにかく思い入れがありすぎて。この曲」

 

2.「サステナブル」AKB48

ゆきりん「この曲が原点回帰みたいなのがテーマで。『サステナブル』っていう言葉も現状を維持するみたいなところだったり。あとは、この振り付けがアンナ先生って、あの『フライングゲット』とか『ヘビーローテーション』をつけて下さった先生で、ミュージックビデオが高橋栄樹さんって『ポニシュ』とか『大声ダイヤモンド』とか撮って下さってて。で、作曲が井上ヨシマサさんで『大声』とかまさに。その、なんかもうザ・AKBって方達が久しぶりに本当に揃って作って下さった曲で本当に大好きで、自分、個人的に」

 

3.「あなたがいてくれたから」AKB48

ゆきりん「今回の『HOME』って言われた時に、この曲に『ホームタウン』って歌詞、すごいパッと浮かんで、最初にこの曲を決めたんですけど。最近は結構誰かの、後輩の卒業の時とかに一緒に歌ったりして、すごい最近めちゃめちゃ響く。当時はそこまで、たぶん自分の中で消化しきれてなかったのが、今、本当にファンの方に向けて『あなたがいてくれたから』っていうのをすごく実感できるようになって。なので、この曲がぴったしかなと思って、ですね。」

 

3曲の中から番組で流したのは「初日」でした😌

スポンサーリンク

ゆきりんが30歳までにAKBでやりたいこととは?

野呂さんからゆきりんにこんな質問がありました。

 

野呂さん「ちなみに、ゆきりんが30歳までにAKBでやりたいこととかってあるんですか?」

ゆきりん「今、思ったのは、今いるメンバーをもっと明るくしたい」

野呂さん「なんかわかんない。今、『あっ!』って思ったんだけど、それどういうこと?」

ゆきりん「なんか、本当にみんな真面目でいい子なんですよ。私とか先輩だから本当にみんな気を使ってくれたりとかするんですけど、いい子すぎて心配になっちゃう本当に。で、楽屋で私が一番うるさいんですよ。本当に。信じられないんですけど、これが。私がしゃべってないと静か、シーンとしてるんですよ楽屋が。だから、もっとみんなに明るくなって欲しい(笑)」

野呂さん「なるほど(笑)。やっぱりあの時を思い出してくれと」

ゆきりん「いや、もうめちゃめちゃ色々ありましたよね」

野呂さん「めちゃめちゃあった」

ゆきりん「今でもやっぱり昔話が盛り上がっちゃうんですよ。本当に。その、なんか表的ないい話じゃなくて、楽屋で起きた意味わかんないエピソードとかを、今でもやっぱりさっしーとかと連絡取って、思い出して、すごい元気になれるんですよね。そういうのが今、本当にない」

野呂さん「いや、でも、それはね、あった方がいいですよ」

ゆきりん「ですよね」

野呂さん「ある意味問題児もいて欲しいし」

ゆきりん「本当にそうなんですよ」

野呂さん「私の時代とかで言うと、霊に取り憑かれる、取り憑かれるとかめちゃめちゃ流行ったから」

ゆきりん「めちゃめちゃありましたよね(笑)」

野呂さん「ハァー!ここヤバい!みたいな(笑)」

ゆきりん「本当に面白かった(笑)」

野呂さん「あったもんね」

ゆきりん「あった。その時は真剣に見てて、私も大丈夫?先輩大丈夫かな?と思って」

野呂さん「うそだー!」

ゆきりん「思ってました本当に」

 

霊に取り憑かれる(笑)。この後も野呂さんとゆきりんが昔話で盛り上がっていました😆

昔のメンバー、特に1期生、2期生は個性が強すぎましたよね(笑)。それに比べたら今のメンバーが真面目でいい子に見えてしまうのは仕方ないのかも😌

宮脇咲良ちゃんの「火山灰」曲紹介

現在は休止中ですが『今夜、咲良の木の下で』で、ゆきりんと同郷の宮脇咲良ちゃんが、ゆきりんのソロ曲「火山灰」を流した時の曲紹介の音源を放送しました。

 

さくらちゃん「それでは、ここで1曲、私、宮脇咲良の今日のセレクトナンバーをお届けしましょう。今日のセレクトは、柏木由紀さんのソロ曲『火山灰』なんですけども。この曲は同郷なので、私は柏木さんと。鹿児島の火山灰で育ったっていうぐらい。鹿児島は火山灰が降るんですけども。この歌が本当に良くて。私も福岡に来て、東京に来てって、2回上京してるんですけども。家族のためだったり、応援してくれる人のために弱音はいちゃいけないなって思う時にこの曲を聴いていて。ふと、やっぱり帰りたいなとか、もうここでいいかなって思っちゃう時があるんですけども『火山灰』をその時に聴くと、ああ、やっぱりダメだ、まだ帰れないって思うので、本当に私にとって辛くなった時に聴くのは、この『火山灰』ですね。いつか柏木さんと2人で歌いたいなあって思ってます。それでは、聴いて下さい。柏木由紀さんのソロナンバー『火山灰』」

 

さくらちゃんの曲紹介の音源の後に流れたゆきりんの「火山灰」。沁みました。

 

野呂さん「どうですか?さくちゃんが『火山灰』いつか2人で歌いたいと言っていました」

ゆきりん「歌いたい!『火山灰』を誰かと歌った事がないので今まで。でも、まさにぴったし。同じ同郷で。なんか、でも咲良が、あ、帰りたいなとか思ってたんだって、なんか思って…」

野呂さん「切なくなっちゃう」

ゆきりん「なんか、ああ…って思って。是非一緒に歌いたいですね」

 

歌詞と曲、そして、ゆきりんの歌。全てが素晴らしい名曲だと思います。この歌が、さくらちゃんの心の支えになっていたというのを知って、ゆきりん推しとして嬉しかったです😌

 

『今夜、咲良の木の下で』番組公式ブログより。

 

第3回は、柏木由紀さんが登場してくれました。

3期生のゆきりんと2期生の野呂さんということで、ゆきりんが、後輩に!!!
その恐縮ぶりがかわいかったりしました。

カメラマン野呂さんです。

詳しくは、また・・・

ただ・・・ツイッターで「#さくのき」でチェックするとわかりますが、
咲ちゃんファンもたくさん聞いてくれてたみたいです。ありがとうございます。

咲ちゃんファン。号泣の理由は???

そして、ゆきりんならではの、AKB48を盛り上げる方法・・・。
先輩素敵だな~。

ゆきりんが、AKB48グループにいてくれること、感謝です。

#さくのき #bayfmMEETSAKB48  プレスペ 第3回 #柏木由紀

 

「ゆきりんが、AKB48グループにいてくれること、感謝です。」と書いて下さっているのが嬉しい☺️

 

野呂さんとゆきりん、2人のトークが軽快であっという間の30分でした。

聞き逃したという方はradikoのタイムフリーで是非!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆきりん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
B推しをフォローする
寝ても覚めても
タイトルとURLをコピーしました