ゆきりん、AKB48紅白落選について「11年連続で出演させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです」

ゆきりん
スポンサーリンク

第71回NHK紅白歌合戦の出場歌手が本日発表されました。

 

 

出場歌手42組の中にAKB48の名前はありませんでした。

スポンサーリンク

11年連続で出演させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

AKB48は、2007年に紅白初出場。翌年は出場を逃したものの、2009年に再び出場を決めて以来、昨年2019年まで11年連続12回出場してきました。

私がAKB48のファン、ゆきりん推しになって観たのが、2011年の紅白から。それまでは紅白を観ていてもAKBを意識して見ていなかったので、記憶にありません。

毎年この時期に紅白出場歌手の発表があっても、そわそわすることはありませんでした。AKBは出場できて当たり前、そんな風に思っていたので。

しかし、そろそろ出場できなくなるかもしれないと思い始めていました。そして、今日、それが現実になってしまいました。

正直に言うと、AKBが紅白に出ていなければ別に観なくてもいいと思っていました。ただ、いざ本当にAKBが出なくて、もう観なくてもいいとなると、やはり寂しい気持ちがあります。

メンバーもきっと複雑な気持ちだろうなと思っていたところ、ゆきりんが今回の紅白落選についてツイートしました。

 

 

何よりも最初にこれまで出演させていただけたことへの感謝を伝えるところが、素敵だなと思いました。

ゆきりんのツイートを見て、改めてゆきりんやメンバーの気持ちを思うと、切なくなりました😢

 

AKBの紅白落選はツイッターのトレンドになり、ネットニュースにもなっています。

紅白出場ではなく落選がニュースになるというのも、ある意味すごいことではないかと思います。

 

 

 

AKBはこれまで紅白では色んな演出でパフォーマンスをしてきました。

 

 

 

私は、まゆゆの最後の出演となった紅白がやはり一番思い出深いです。

 

また今のAKB48で紅白に出場できたらいいなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆきりん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
B推しをフォローする
スポンサーリンク
寝ても覚めても
タイトルとURLをコピーしました